月30万稼いでるブログにインストール済のプラグイン19選!【前半】

ワードプレスを立ち上げたら、まず最初にすべきなのはプラグインをインストール&設定すること!!

プラグインとは、分かりやすく言ったら

基本のものしか設定されてないiphoneに、色々な便利アプリを入れる

という感じですかね。(iphoneユーザーじゃない方ごめんなさい^^;)

 

プラグインは色んな種類があって、便利なものがいくつもあるので絶対に入れておいた方がいいのですが、

◆たくさんありすぎて何をインストールしたらいいか分からない!

◆おすすめのプラグインを教えてほしい!

という声も多く・・・

 

そこで、私が月30万円稼いでいる『メインブログ』に実際に入れているプラグインをご紹介したいと思います。

この中から、ぜひ自分が合いそうなものを選んでインストールしてみてくださいね。
 
プラグイン、おすすめ
 
※後半はこちら⇒「wordpressにインストール必須!のおすすめプラグイン【後編】

 

プラグインのインストール方法

まずは、基本である「プラグインのインストール方法」を簡単に説明したいと思います。

(分かる方はスルーしちゃってOKです^^)

 

①管理画面の「プラグイン」⇒「新規追加」をクリック

plugin-compressor

 

②「プラグインの検索」部分にインストールしたいプラグイン名を入力

plugin1-compressor

③目当てのものが表示されたら、「今すぐインストール」をクリック

plugin2-compressor

 

④インストールが完了したら、「プラグインを有効化」をクリック

plugin3-compressor

 

その後、必要な設定をそれぞれのプラグインごとにしていくという感じです!

なお、今のところ私は不具合は見当たらないですが、万が一のことがありますのでインストールは自己責任でお願いします。

 

私が実際に入れているおすすめプラグイン

そして、こちらが私が実際に導入しているプラグインです。

ひとつずつ見ていきますね。

(★は必須プラグインです)

 

①All In One Seo Pack ★

記事をみんなに見てもらうためには、何よりSEO(検索エンジン)対策が必要になってきます。

SEOに必要なメタ情報(検索エンジン向けのタイトルや概要、キーワードなど)をブログごと、各記事ごとに設定することができます。

※検索結果に表示される

meta-compressor

 

SEO対策プラグインでは一番有名&定番(おすすめ)プラグインなので、必ずインストールしておくようにしましょう!

All in One SEO Pack の設定方法と使い方

 

②Akismet ★

アクセスと共に増えてくる「スパムコメント」を事前に自動で振り分けてくれるプラグインです。

インストールしておくと、こんな風に外部の攻撃から守ってくれます。(インストールしておいてよかった・・・^^;)

spam-compressor
このプラグインははじめからインストールされているのですが「有効化」されていないので、忘れずに設定するようにしてくださいね!

※ただ、設定がちょっと複雑なので、設定する際はこちらを参考にしてください。

Akismetの設定方法

 

③Link to Post ★

記事中に簡単に内部リンク(自分のブログの他の記事)を埋め込むことができるプラグインです。

普通、内部リンクを貼る時は飛ぶ先のURLを調べないといけないのですが、このプラグインがあれば投稿画面のまま目当てのリンクを検索して貼ることができます。

【簡単な流れ】linktopost1-compressor

linktopost2-compressor

 

記事がどんどん増えていくとおのずと内部リンクを貼る機会も増えていくと思うので、こちらも個人的に超おすすめ!

※設定は「インストール」⇒「有効化」で完了です

 

④PS Auto Sitemap ★

あなたのブログのコンテンツのサイトマップ(目次)を自動的に作成してくれるプラグインです。

(私のブログにも「もくじ」メニューがありますよね。あれです。)

読者さんにとって読みやすいブログになりますし、記事を作成するごとにわざわざコンテンツを追加する必要がないのでとっても楽ちんです!

PS Auto Sitemapの設定方法と使い方

 

⑤Google XML Sitemaps ★

④と同じ「サイトマップ」なのですが、こちらは読者向けではなく『検索エンジン向け』のサイトマップです。

これをすることによって、Googleにコンテンツを認識してもらう ⇒ コンテンツをいち早く検索エンジンに登録させることができるので、こちらもぜひインストールしておきましょう!

Google XML Sitemapsの設定方法

 

⑥Search Meter

読者さんがあなたのブログ内で「何というワードで検索をかけたか?」が分かるプラグインです。

つまり、読者さんがあなたのブログに求めている情報が丸わかりということですね^^

このキーワードで記事を書いていないなら、これを元に記事書きをすることができるので、どんどん読者が求めているコンテンツを増やすことができます。

※設定は「インストール」⇒「有効化」で完了
しばらくすると管理画面のダッシュボードから見れます。

 

⑦SNS Count Cache

記事下にSNSのシェアボタンが標準装備されてるテンプレートって多いと思うのですが、あれ、結構重たいのです;;

そのせいでブログの表示が遅くなってしまうことがあるので、それを高速化されるのがこの「SNS Count Cache」というプラグインです。

 

また、このプラグインを使うと設定画面で各記事のシェア数が表示されるので、どの記事が話題になってるかが一目で分かります。

share1-compressor

話題になっている記事は何なのか?など分析することもできますし、その記事をトップページに表示させておくこともできますよね^^

設定は「インストール」⇒「有効化」でOKです。
数時間すると、全ての記事のシェア数を一覧できるようになります。

 

 

⑧Table of Contents Plus

記事が長~くなってしまった時・・・

「どんな内容が書いてあるか、スクロールしていかないと分からない!」

↑、これ、読者さんにとっては結構なストレスです。。。

 

このプラグインを利用すると、つけた見出しをもとに目次が表示されるので、読者さんに「何について書いてるか」を事前に知らせることができます。

興味ある見出しに飛ぶこともできるので、それだけでもグッと読みやすい、快適なブログになりますね。

投稿記事の目次を自動生成するWordPressプラグイン「Table of Contents Plus」

 

⑨Broken Link Checker ★

「記事内に貼っていたリンクが、いつの間にか切れていた・・・!」

そんなことを防ぐために、切れたリンクのURLをいち早く教えてくれるプラグインです。

切れたリンクをずっと貼っておくのはSEO的にも良くないので、すぐに解決できるこのプラグインはとても便利!

※設定は「インストール」⇒「有効化」で完了です

 

⑩BackWPup ★

「ブログをカスタマイズしてたら、突然表示がおかしくなった!」
「データが全部消えてしまった!」

そんな『万が一』のときに備え、ブログ全体のバックアップを取ってくれるプラグインです。

定期的に、しかも自動的にデータを保存してくれてるので、もしもの時も安心!

逆にバックアップを取っていないとかなり恐ろしい(今までの全てがパーになる危険性)なので、こちらも必ずインストールするようにしましょう!

BackWPUpで確実にWordPressのバックアップを取る方法

 

気がついたら記事が長くなってしまったことに気付いたので、一旦記事を2つに分けることにしました!

まだまだ必須なプラグインがありますので、続きは後半をご覧ください^^

wordpressにインストール必須!のおすすめプラグイン【後編】

この記事はお役に立ちましたでしょうか?




コメントは受け付けていません。