アドセンス審査に一発合格するためのブログ記事の書き方&手順まとめ!

先日「【図解】アフィリエイトとは?ブログ初心者でも分かるかんたん解説」でも書いた通り、
初心者の方や、なるべく早く成果上げたいという方には「アドセンス」がおすすめです。

そして、アドセンスを始めるにはまずアドセンスの審査があって、申請したブログをチェックされるのですが、

〇1次審査と2次審査がある(2015年11月以降1次審査がなくなった時期があったのですが、最近また復活しました)

〇最近は審査がとても厳しくなっているらしい!

ということで、何度も審査に落ちてる人もいるくらい、バカにできない審査です。。。

とは言っても、しっかりとしたブログ記事を書いてさえいれば受かりやすいとも言われてるので、

「具体的にどんなブログ記事を書けば審査が通りやすくなるのか?」
「逆に、絶対しちゃダメなことは?」

などについて、ご説明したいと思います。
 
アドセンス、受かる
 

まず、無料ブログは使わないでください

昔は、無料ブログでもアドセンスの審査を通っていました。

でも、2016年3月あたりから無料ブログでは「申請すらできない」(はじかれる)という状況になってしまいました。

海外ではもう何年も前から無料ブログは✕だったので、ようやく日本でも導入かー!という感じですね;;;

なので、多少お金かかってしまいますが、申請する時は必ず「独自ドメイン」でブログを書くようにしてください。

私はいつもムームードメインで取得してるのですが、キャンペーンなどがあると年間100円ほどで取得できることもあるのでおすすめですよ!

まずはドメイン取得から!サクッとできる簡単設定方法

 

アドセンス取得の具体的流れ

先ほども言いましたが、アドセンスには現時点で「1次審査」と「2次審査」があります。

  1. アドセンスのログイン(または新規作成)後、ブログの申し込み
  2. 1次審査
  3. 合格後、広告をブログに張り付ける(この時はまだ空欄のまま)
  4. 2次審査
  5. 合格すると、空欄だった広告が表示される

 

といった流れになります。

1~5の手順まで「数日で終わったよ!」という人もいれば「1ヶ月以上経っても返信こない・・・」という人もいるので、

〇なるべく早く申請する
〇すぐに合格が出せるようなブログ記事を書く

この2つが早くアフィリエイトをスタートさせるために大切になってきます。

申請するブログを作成するだけでも日数かかってしまうので、早めに取り組むに越したことはないですね。

 

審査に受かりやすいブログ記事の書き方は?

日にちを分けて、10記事以上書く

また、記事数も昔は「5記事程度でいい」という認識があったようですが、最低でも10記事は書いた方がいいです。

あまりにスカスカだと、明らかに「アドセンスの審査のためだけに作ったブログだよ~」と言ってるようなものですから。。。笑

そして投稿日を分けるのも、グーグルに「定期的に更新してる」ことをアピールするためです。

なので、1日でたくさんの記事を更新せずに、日にちを分けて(できれば毎日、少なくとも2~3日に1記事)投稿するようにしてくださいね。

1日でたくさん書けた方は、『予約投稿』で投稿日を指定すると便利ですよ~!

 

できるだけオリジナリティあふれる記事を書く

そして肝心の記事の内容については、実際にグーグルが公式サイトにて

AdSense にお申し込みいただく前に、ご自身のサイトが魅力的かつ独創的なコンテンツを掲載しているかどうかをご確認ください。

と言っています。

つまり、他人のブログをコピペしたような内容や、ニュース記事をそのまま引用して、自分の意見をちょろっと書いて終わり!だとダメだということですね。

じゃあどういう記事がいいのか?というと、簡単なところで日記ブログがおすすめです。
(日記系も今後危ういかも?という意見もありますが、現状は問題ありません。もし今後変わるようなことがあれば追記したいと思います。)

「今日こんなことがあったよ~」
「その時こう思ったんだけど」

といった文章なら1,000文字も書きやすいですし、何より自分だけのオリジナル文章ですよね!

 

ちなみに、日記ブログを書く時には次の話題は必ず避けるようにしてください。

↓実際にグーグルが禁止してるコンテンツの内容

  • ポルノ、アダルト向け、成人向けのコンテンツ
  • 暴力的なコンテンツ
  • 差別的な発言(人種、民族、宗教、障害、性別、年齢、従軍経験、性的嗜好 / 性同一性に基づく特定の個人や集団への差別や暴力を助長するコンテンツを含む)や、嫌がらせやいじめなどに類するコンテンツ(個人や集団に対する攻撃を奨励するコンテンツ)
  • 不適切な表現
  • ハッキングやクラッキングに関するコンテンツ
  • 迷惑ソフトウェアに関するポリシーに違反するソフトウェアや他のコンテンツ
  • 不正なソフトウェアやアドウェア
  • 違法な薬物や麻薬関連製品に関するコンテンツ
  • 絶滅危惧種を原材料とする商品を奨励、販売、宣伝するコンテンツ
  • ビールやアルコール度の高い酒類の販売
  • タバコやタバコ関連商品の販売
  • 処方箋医薬品の販売
  • 武器および兵器や弾薬(銃火器、銃火器のパーツ、戦闘用ナイフ、スタンガンなど)の販売
  • 授業や講義の課題、または論文の販売や配布
  • 報酬を提供して、広告や商品のクリック、検索、ウェブサイトの閲覧、メールの購読をユーザーに促すプログラムに関連するコンテンツ
  • その他の違法なコンテンツ、不正行為を助長するコンテンツ、他者の法的権利を侵害するコンテンツ
    (引用:Adsenseプログラムポリシー

このコンテンツが含まれてる時点で、まず100%アドセンスの審査に受かりません。

また、芸能記事も危ういので避けた方がいいですね。

 

1記事1,000文字以上書く

以前は500文字~でOKという記述も多く見られましたが、最近では「1,000文字は書いといた方がいい!」という意見が多いです。

実際、Googleは「読者の役に立つ記事であれば記事数関係ないよ!」と言ってますが、今回は日記ブログですし、アドセンスの審査を通過するための記事になりますので、念のため文字数は多いに越したことないです。

1,000文字も書けない時も、せめて800文字くらいは書くようにしてくださいね。

 

画像は貼らない

芸能人の画像はもちろんNGですが、その他の画像に関しても貼るのはやめましょう。

個人的には、無料画像や自分で撮った写真などは著作権に反しないので問題ないとは思いますが、何も貼らないに越したことはないですからね。

なので「この記事にはどうしてもこの画像貼りたい!」という場合は、念のため審査に合格してから貼るようにしてくださいね。

 

記事内にリンクを貼らない

これも明確な根拠はないのですが、記事内に外部リンク(他のサイトのリンク)も内部リンク(自分の他記事のリンク)も貼らない方がいいと言われています。

ただ、実際にリンクを貼った状態で審査に受かった人もいるので、あまり関係ないという情報もあります。

それでも、アドセンスの審査は何が原因で落とされるか分からないので、審査の時点では何も貼らない方がより安全だとは思いますね。

 

 

以上のことを踏まえて、まずはブログ記事をコツコツ作成することから始めてください。

そして一通り記事が書き終わったら、アドセンスの申請ページより申込みをします。

 

1次審査が受かった後の手順

なお、ブログのアドセンス申込みをすると、早くて数時間、遅くても数日で1次審査の結果が届きます。

adsense-compressor

無事1次審査が通ったら、次は広告(この時点で空欄)をブログに貼りつけていきます。(貼り付けるだけで自動的に2次審査が始まります)

この時に注意なのですが、広告はただ貼るのではなく、必ず

「広告」
「スポンサーリンク」

の文字も書くようにしてください。

これはアドセンス広告を他の画像と区別をつけるためにしなくてはならないもので、アドセンスの審査に受かってからも同様です。

色々なサイトを見ると「スポンサードリンク」のサイトも多く見かけますが、昔はOKでしたが今はNGです。

グーグルも、今は上の2つ以外はダメだとハッキリ明言されてるので、必ずこのどちらかを書くようにしましょう!

 

ちなみに、「↓こちらをクリックお願いします↓」「お得な情報満載です!」などといった誘導クリック文も絶対ダメですよー!

2次審査だけでなく、受かった後でもこの文面があるとアドセンス停止になってしまいますからね(^^;)

 

もうひとつやるべきこと

そして、2次審査の結果が来るまでにやっておいた方がいいことは、ずばり「記事を更新し続ける」ということです。

2次審査は「人によるチェックが入る」との噂もありますので、申込みをした時点でパッタリ更新がなくなってしまうと、明らかに「審査のためだけに書いた薄っぺらいブログ」認定されてしまう可能性ありますよね。

通常2次審査は1~2日で結果が来るそうなので(グーグル公式サイトに記載あり)、その間だけでもしっかり記事を更新するようにしておいた方が無難です。

 

 

以上のことを踏まえて記事を書けばまず問題なくアドセンスの審査に合格できるはずです。

ただ、グーグルの審査基準は謎な部分が多く、また年々変わってきたりもするので、正直この先どうなるか分かりません。

ただ、審査に至っては「どんどん受かりにくくなる(ハードルが高くなる)」ことは間違いないと思いますので、そういった意味でもなるべく早くブログ記事を書いて審査の申請をするようにしてくださいね。

この記事はお役に立ちましたでしょうか?




コメントは受け付けていません。