ブログ記事タイトルの最適文字数が増えた!でも〇〇次第でタイトルが変わる?

ブログの記事タイトル、あなたは何文字にしていますか?

 

32文字だって言う人もいるし、26文字って言う人もいるし・・・。

みんな言うことバラバラでいまいち分かんないんだよね~。

こんな風に、情報がありすぎてかえって混乱してる人も多いのではないでしょうか(^_^;)?

 

実は、ここ最近までは検索結果に表示される文字数は「26文字以内」が有力だったんです。

というのも、検索結果に表示される文字数が大体26文字までだったからなんですよね。

が!!

最近検索結果のページ幅が広がって、表示されるタイトルの文字数が増えたって知ってました?

じゃあ今は何文字まで表示されるようになったの??
気になるところだと思いますので、早速実際に見ていきたいと思います♪
 
タイトル、文字数

 

検索結果を調べた結果

ちなみに今回は、

◆普段使ってる「Google Chrome」からyahoo検索、Google検索をした場合

◆パソコンに搭載されている「Internet Explorer」からyahoo検索、Google検索をした場合

スマホ(iphone5c)から見た場合

に絞って見てみました。(iphone古いですが汗、他のスマホも同じ表示になるそうです!)

 

⇒結果、噂どおり「文字数」増えてます!

 

↓Google ChromeでYahoo検索した結果

chrome-yahoopc

 

↓Google ChromeでGoogle検索した結果

chrome-googlepc

普通に30文字以上表示されてますね~!

ちなみに、スマホから見た場合の文字数もパソコンと同じでした。

そして、Internet ExplorerからYahoo検索した時も、Google ChromeでのYahoo検索の時と全く同じでした。
が、Google検索では若干短く表示されました。

↓Internet ExplorerでGoogle検索した結果

yahoo-googlepc

 

それでも、以前の「26文字や28文字」よりも多くなってますよね。

ともなると、30文字前後の文字数で記事タイトルを書けばほぼ間違いなく検索結果に表示されるということになりますね。

 

でも、30文字以内におさめれば良いというわけじゃない

記事タイトルが勝手に変わる!?

でも、ここでひとつ問題があります。

実は、せっかく文字数やキーワードを考えてタイトルつけたとしても、Googleさんの意向で勝手に記事タイトルが変わってしまうことがあるんです!!

 

どういうことかと言うと、例えば

「ダイエットの基本は食事から!実際に効果あったおすすめメニューを紹介」

という記事にしたのに、検索結果には

「ダイエットの基本は食事」

というタイトルに置き換えられてる、といった具合です。

 

私はまだ経験したことがないのですが、数年前から頻繁に起こってるようで、検索ワードによっても表示されるタイトルが変わるといった情報もあります。

 

え!Googleさん何てことしてくれてんの。

せっかくキーワード考えてタイトル考えてるのに・・・。

勝手に変えられちゃ意味ないじゃん!

 

でも、Google側にとってはあくまでも「読者目線」を考えたうえでの対策です。

【どうしたら読者にクリックしてもらえるか?】

を考えたうえでのタイトル変更なので、ある意味(というか、とっても)理にかなってるんです。

つまり、読者のためにとって分かりにくいタイトルになっていると、Googleに勝手にタイトルを変えられてしまう可能性があるということですね。

 

 

じゃあ、どうしたらGoogleに記事タイトルをそのまま載せてもらえるか?

それは、Google公式ページに載っている『わかりやすいページタイトルを作るための方法』がカギとなります。

 

Googleがおススメしている「わかりやすいページタイトル」を実践しよう!

そして、その項目の一部がこちらです。

  1. サイトのそれぞれのページに <title> タグでタイトルを付ける
  2. 具体的でわかりやすいページタイトルを付ける。(不必要に長すぎるものは✕)
  3. キーワードを詰め込んだようなタイトルは避ける。
  4. 同じタイトルや定型文を使用したタイトルは避ける。
  5. タイトルを目立たせる。

※詳しくはSearch Consoleの公式ページをご覧ください。

 

簡単にひとつずつ見ていきます!

 

サイトのそれぞれのページに <title> タグでタイトルを付ける

WordPressで記事を書く際は、投稿画面のタイトル欄に記入するだけで<title>タグが自動的に入るようになっています。

※実際に、自分の投稿記事で「右クリック」⇒「ページのソースを表示」をクリックすると<titile>タグで囲まれてました!

なのでこちらは特に問題なしですね。

 

具体的でわかりやすいページタイトルを付ける。(不必要に長すぎるものは✕)

これは「文字数」と直接関係してきますね。

だらだらと分かりにくいタイトルにせず、読者がパッと見て分かるものにしましょうということです。

ちなみに、「Yahoo!ニュース」のタイトル文字数はMAX13.5文字と決まってるそうなので、案外そのくらいの文字数がいいのかもしれないです。

 

キーワードを詰め込んだようなタイトルは避ける。

以前、トレンドで

「三浦春馬の彼女は?wikiは?整形疑惑を検証!」

といった【とにかく虫眼鏡ワードをどんどん入れちゃえー】方式が流行ってましたが、今は完全NGです。

キーワード詰め込み過ぎは明らかにSeo効果狙ってますし、読者のためのタイトルになってませんもんね。

 

同じタイトルや定型文を使用したタイトルは避ける。

これは例えば、2つの記事で

「1ヶ月で-5kgダイエット挑戦中!~食事編~」
「 1ヶ月で-5kgダイエット挑戦中!~運動編~」

と、重複した文を入れない方がいいということです。

シリーズものや、長い記事を2つに分けるときなどには要注意ですね!

 

タイトルを目立たせる。

記事タイトルと一緒に「ブログ名」も表示されるようになってしまうと検索結果で見にくくなってしまうので、ブログ名と記事タイトルの間を「:」などで区切ってくださいと言ってます。

でも、個人的にはそもそもの「ブログ名」を表示させないように設定した方がいいと思います。

 

まとめ

現在の最適なタイトルの文字数は30文字前後となっていますが、記事タイトルが勝手に書き換えられないためにも、Googleが定めている最低限の項目は必ず守るようにしてくださいね。

ちなみに、記事タイトルの付け方については私からもいくつか重要ポイントがありますので、後日また別記事でご紹介したいと思います!

この記事はお役に立ちましたでしょうか?




コメントは受け付けていません。