ブログのアクセスが増えない理由!その記事「誰に」書いてますか?

あなたのその記事、本当に「読者目線」になってますか?

 

私は以前、「文章力がない!最短で鍛えるために必要なこと&おすすめ記事の書き方」の中で

 

読者さんの立場になって記事を書くのは大前提だよ~!

 

ということをお伝えしました。

でも、その時に言った

  • 読んでて分かりやすい記事
  • 納得してもらえそうな記事

これだけじゃまだ足りないです。

どういうことかというと、これだけだとその他大勢の「お役立ち記事」にのまれて、全く印象のないブログになってしまうんです;;;

 

せっかくなら、訪問してくれた読者さんにはリピーターになってほしいですよね?
「このブログ、ブックマークしとこ!」と思ってくれたら(そしてしてくれたら)最高ですよね?^^

 

じゃあそのためにはどうしたらいいか。

答えは単純!
「誰に向けて書くか」を細かく設定して、その人に向けて書いていけばいいんです。

ブログ、アクセス、増えない

 

どんな人に伝えたいかをはっきりさせる!

例えば、「GWに子供と行くハワイ旅行」というテーマの記事を書いたとします。

ここで思いつく&書く内容として多いのが

〇子供が楽しめるレジャースポットは?

〇子供に評判のレストランは?

〇持っていきたいおすすめアイテムは?

といったことだと思います。

もちろん、これだけでも十分役立つ記事になります。

が、結局他のサイトと似たり寄ったりになってしまいがち。(汗

「またこのブログ読みたい!」「また来たい!」とまで思ってもらうことって結構難しいんですよね。

 

でも、もしここで読み手の設定を

・パパ、ママ、子供の3人家族
・子供は1歳になったばかり

と仮定して記事を書いたとしたらどうでしょう?

〇飛行機の中で子供が泣いたらどうする?

〇1歳の飛行機、座席はどうなってる?食事は?

といった具体的なことも書けますし、最初に書いたレストランやおすすめアイテムについても

「ここのレストランは離乳食が充実してるからオススメだよ~」

とか

「ベビーカーだけじゃなくて、抱っこひもも〇〇の時に必要になるから絶対持っていった方がいいよ!」

などと言った、より詳しいアドバイスをすることができます。

 

また、そこにプラスして

「ちなみに私は〇〇航空を利用したんですが、息子が大泣きしてしまって。。。でも、その時のCAさんの息子への対応がとっても素敵だったんです!」

などといった体験談も語ったら、読者さんは思わず「ふむふむ」と読みふけってしまうのではないでしょうか?

最初のお役立ち記事とこの具体的記事、どちらが読者さんが喜んでもらえるかは一目瞭然ですよね^^

 

昔の自分、今の自分に教えてあげて!

ちなみにこの「どんな人に向けて書くか」という設定ですが、記事ごとではなく「ブログ全体として」最初に決めた方が一貫性があるので断然オススメです。

と、ここで

え~~、でもどんな人に向けて書いたらいいか分からないよーーー!

 

と思う人もいるかもしれないので敢えて言います。

断然オススメなのが、「昔の自分」や「今の自分」と同じ状況の人に向けて書く、です!

 

例えば、英語ブログだったら『英語が全然話せなかった昔の自分』に向けて。

美容ブログだったら、『一年中乾燥肌で悩んでる30代女性』に向けて。

 

芸能ニュースについて記事を書くにしても、ただ感想を書くのではなく「主婦の立場から」書くだけでもオリジナル性がグンと増します。

 

自分と同じ状況の人を設定することのメリットは、他サイトのリライトではなく自分だけのオリジナル記事が書けること。

そして、それによって読んでる人に「この人詳しい!」と喜んでもらえることです。

 

まさしく「これ知りたい!」と思ってる人が、それについてめっちゃ詳しく語ってるブログに出会えたら・・・そのブログ、好きにならずにはいられないですよね笑。

 

でも、ピンポイントで書いたら読者の幅が狭まらない?

これ、最初に私が思ったことです。。。

例えば、子供1歳って限定しちゃってどうなの(汗?ってね(^^;)

 

でも、大丈夫です。

というのも、記事自体は「1歳の子供がいる家族」に向けて書いてますが、実際はそれに”近い人”が反応してくれるんですよね。

つまり、先ほどの「子供1歳の家族がハワイ旅行」で言えば、同じ状況の人はもちろん

・今妊娠中で、出産後に結婚式を考えてる人。
・1歳の甥っ子や孫がいる人。

など、似た状況の人も「リピーター予備軍」として集まってくる、というわけですね。

 

学校の授業で考えてみてもらえば分かると思うのですが、

ただ先生が話をしてる時って、ついボーっとして内容が頭に入ってこない時って多くありませんでした(^_^;)?

でも、先生が突然

「出席番号38番の人、次の質問答えてもらうからね~。」

と言ったとしたら、一気にクラスの空気変わりますよね笑。

38番の人はもちろん、その付近の人も「私何番だっけ?」「私もさされるかな?」と反応するのではないでしょうか?

 

ブログもそれと同じで、「みんなに向けて」ありふれた記事を書くのではなく「こういう人向けに書いてるよ!」というメッセージ性がハッキリした記事の方が断然反応されやすいということです。

 

当然、そういった読者さんは記事全体もしっかり読んでくれますし(滞在時間が長くなる=googleの評価も高くなる!)、そのままブックマークしてくれる確率だって十分ありますからね^^

 

 

「ブログを書いても他のサイトと同じようになってしまう。。。」
「2回以上来てくれる人がなかなか増えない。。。」
(↑アナリティクスで見れます)

と思っている方は、ぜひこの「誰に向けて」書くのかをきちんと意識するようにしてください。

そういった記事を積み重ねるだけで、格段にリピーターが増えていきますよ♪

 

この記事はお役に立ちましたでしょうか?




コメントは受け付けていません。