バッレバレ!なWordPressのログインユーザー名を3分で設定変更する方法

こんにちは、まきです。

突然ですが、『あなたは、ユーザー名の表示はちゃんと変更しましたか!?』

 

もし、あなたが

え!?何のこと?私なんにもしてないけど。。。

 

という状態でしたら、もしかして今、あなたのログインユーザー名は周りに【バレバレ】の状態かもしれませんよ!

 

wordpress、ログイン、パスワード

 

ひぇぇぇ!それって危ないんじゃ・・・!

 

そうです。危ないんです!

いつ誰にブログを乗っ取られるか分からないので、Wordpressを立ち上げたらなるべく早く変更の設定をするようにしてくださいね!

※ちなみに、今回紹介するプラグインは

月30万稼いでるブログにインストール済のプラグイン19選!【前半】
wordpressにインストール必須!のおすすめプラグイン【後編】

には入ってません。

どうしてかと言うと、メインブログでは『プラグインを使わないやり方』で設定してたからです。

でも、プラグインを使った方がはるかに簡単だという事が分かったので、今回はプラグインでの変更方法をご紹介したいと思います!

 

ユーザー名がそのまま「ニックネーム」になってしまう

ブログのコメント欄、大丈夫?

例えば、あなたのブログ記事にコメントがついたとします。

その返信としてブログにコメントを残した時、
初期設定のままだとあなたのユーザー名がそのまま「ニックネーム」として表示されてしまいます。

user5
なので、まずはこの「ニックネーム」を変更してしまいましょう!

 

設定はとっても簡単です。

管理画面で「ユーザー」⇒「あなたのプロフィール」に行き、「ニックネーム(必須)」に好きなニックネームを記入してください。

user12

 

すると、その下の「ブログ上の表示名」が【ニックネーム】か【ユーザー名】か
プルダウンで選択できるようになるので、迷わず【ニックネーム】を選択!

user7

 

そうすると、コメント欄があなたの決めたニックネームになります!

 

でも、まだこれだけじゃダメなんです。。。

あなたのブログ記事に「投稿者名」表示されてませんか?

これはお使いのテーマによって表示されないものもあるのですが、

例えば私の場合はトップページや記事下などに「投稿者名」が表示されるようになっています。

 

user8

 

user9

 

実はこの「投稿者」リンクをクリックすると、URLの部分にユーザー名がそのまま表示されてしまうんです!

 

user1

 

これは・・・まずいですよね(^^;)

 

と、ここで

私のブログは投稿者表示されてないや!良かった~♪

 

と思ったとしたら、それは大きな間違いですよ!

というのも、例え「投稿者名」が表示されていなくても【あるURL】を入力するとユーザー名が丸まわりになってしまいますからね。。。

 

ユーザー名がバレバレなURL

『https://あなたのブログアドレス/?author=1』

試しに、アドレスバーに入力してみてください。
ユーザー名、表示されませんか!?

 

ちなみにこの最後の「1」の部分は、基本的には(記事を書いてるのがあなた一人の場合は)1になるだけで、

複数で書いてる場合(ユーザー名をいくつか設定してる場合)は、2、3・・・と増えていきます。

つまり、数字を変えてどんどん入力していけば「数打ちゃ当たる」でヒットしてしまうという訳ですね(怖。

 

このように、ブログに投稿者名の表示がなくても、このURLを入力することで同じように簡単にユーザー名がバレてしまうんです!!

 

 

早速URLを変更しよう!

プラグイン「Edit Author Slug」が超便利!

というわけで、ここでオススメするのが「Edit Author Slug」というプラグインです。

このプラグインは、その名の通り「Author(投稿者名)を編集することができるプラグイン」です。

こちらもやり方は簡単なので、パパッと設定してしまいましょう!

 

「Edit Author Slug」設定方法

まずは、プラグイン画面で「Edit Author Slug」を検索し、インストールしてください。

※プラグインのインストール方法で迷った方はこちらを参考にしてください。
月30万稼いでるブログにインストール済のプラグイン19選!【前半】

 

プラグインを有効化すると、「ユーザー」⇒「あなたのプロフィール」に『Author Slag』が表れます。

 

user13

 

この「custom」の欄がユーザー名になってると思いますので、ここにあなたの好きな文字列を入力します。

 

これだけで、先ほどのURLの『~author/●●』←このユーザー名の部分が変更されます。

ね?簡単でしょ笑?

user4

 

ちなみに私の場合は適当なアルファベットにしてるのですが、特に意味はないです(^^;)

お好きな単語でOKなので、とにかく「ユーザー名が悟られないようなもの」に変更するようにしてくださいね。

 

authorの部分も変えられる

そしてここは任意ですが、URLの「author」の部分も変更できます。

管理画面の「設定」→「Edit Author Slug」をクリックすると、プラグインの設定画面が表示されるので、ここの『Author Base』という欄に好きな文字列を入力すればOK!

 

user10

ここも何でもいいですが、私は例(Demo)にならって「userarchive」にしてみました!

 

実際に投稿者アーカイブを見ると、うん、変更されてますね^^

 

user14

 

こんな感じで、色々設定してみてください。

しつこいようですが、ユーザー名がバレバレな状態だと、あとはパスワードさえ分かってしまえば誰でも簡単にログインできてしまうという危険な状態なので
くれぐれもなるべく早く!変更するようにしてくださいね。

この記事はお役に立ちましたでしょうか?




コメントは受け付けていません。